教養ドキュメントファンクラブ

テレビの教養系番組の感想など。かつてのニフティでのHPを新装開店

5/22 NHK ガッテン「血圧・虫刺され・リハビリ 医療を変えたスゴい人SP」

 今回は72分の拡大版で医療の常識を変えた変態スゴい人を紹介する内容。分野は血圧・虫刺され・リハビリとのこと。

虫刺され対策

 まずは虫刺されだが、登場するのは皮膚科医の夏秋優氏「虫と皮膚炎」という虫に刺された時の症状を写真付きで紹介した本を執筆した人物らしい。この本は今、各地の皮膚科で虫刺され対策のバイブルとして使用されているとか。ただ番組ではその詳細の紹介に入る前に以前にこの番組で紹介した「蚊の対策」について復習している。

 蚊が人を刺すメカニズムについて解明したのは、当時高校生の田上大喜君。彼は自分は蚊に刺されず、妹ばかりが蚊に刺されることからどこに原因があるのかを研究、蚊が妹の靴下の臭いに反応していたことから、足の細菌の種類が多い人ほど蚊に刺されやすいということを解明した。そして足をアルコール等で除菌することで蚊に刺されにくくなるということを発見というスゴい業績を上げた人物である。なお現在の彼はアメリカのコロンビア大学で研究中で、医学博士を目指しているというのだからやはり優秀。これは将来の偉大な研究者が出そうである。

 で、本題の夏秋氏だが、彼の元を昆虫が大好きで今の推しはヤスデという危ない人変わった人・壇蜜が取材をしている。それによると夏秋氏がこの本を作成するのに取った方法が壮絶。この本に掲載されている虫刺されの写真の7割以上は夏秋氏が自ら実際に虫に刺されてその経過を撮影したものだとか。さすがにこれは想像以上に変態スゴい人。ただ虫が思うように刺してくれなかったり、また刺された跡を掻いたりできないので大変だったとか。さすがにこれには壇蜜でさえもドン引きしている。

 なお夏秋氏が勧める虫刺されへの対策だが、氷などで冷やすのが一番とか。温度の刺激が虫刺されのかゆみの刺激をカバーするとのこと。虫刺されの薬なんかでもヒヤッとした感触で誤魔化すものが大半なので、これは理にかなっている。

高血圧対策

 次の研究者は血圧の研究者で内科医の渡辺尚彦氏。彼のどこが変態スゴいかと言えば、何と24時間血圧計を31年間ずっとつけているのだとか。開発当初の24時間血圧計は3キロほどする重いものだったからかなり大変だったとのこと。なお志の輔氏が以前に24時間血圧計を1日付けたらしいが、思っている以上に大変だったらしい。

 彼の血圧計LOVEはやや異常で、結婚式では嫁さんに血圧計を付け、嫁さんが妊娠するとその血圧を測り、子供が生まれる子供の血圧も測るという調子のようで、既に嫁さんにはかなり呆れられているらしい。

 しかしそこまで血圧計に拘る彼は、その結果から貴重な発見をしている。夜間高血圧と言って、夜寝ている間に血圧が上がる症例があることが分かったらしい。これは一種の隠れ高血圧であって、これを発見することが病気の予防につながると言うことで、朝に血圧を測定することを勧めている。

 ちなみに血圧を下げる方法としてはお酒を飲むと血圧が下がるなどと言っているが、これは確かに一時的には下がるが、高血圧対策としてはナンセンス。番組ではタオルを2分間握るという方法を紹介している。ちょっとした運動と同じ効果があるそうな。

新しいリハビリ常識

 3人目は理学療法士の吉尾雅春氏。彼は今までの常識を覆すリハビリ方法を提唱して革命を起こしたらしい。

 彼の常識を覆すリハビリというのは、今まで例えば脳障害で左半身が不随となれば、その左半身を動かすリハビリを行っていたが、ここで右半身を鍛えるリハビリをするという方法。右脳は左半身を左脳は右半身を司っていると言われているが、実は右脳から右半身に行っている神経などもあるので、まずは損傷がないと思われている半身の方をしっかりとケアしてこの部分の神経のトラブルを解消することによって、反対側の麻痺している側のリハビリもスムーズになるのだとか。なおこの場合に脳画像を見ることも重要だとのこと。これまで脳画像は医師は見るが、理学療法士が脳画像を見ることはなかったという。そこで脳画像の見方を学ぶ若い理学療法士も増えてきているとか。まさにこの世界に革命を起こしたわけである。

 以上、医学界のスゴい人の紹介。なかなかに面白い内容でした。

忙しい方のための今回の要点

・足をアルコールで除菌することで蚊に刺されにくくなる。
・虫刺され対策のバイブル本「虫と皮膚炎」は著者の夏秋氏が自ら虫に刺されてその経過を紹介したスゴい本。
・夜寝ている間に血圧が上昇する夜間高血圧というのがあり、これが病気につながる危険がある。発見するには朝に血圧を測定することを勧める。
・従来は麻痺した半身を動かすことに集中していたリハビリだが、麻痺していない半身を積極的に動かすことで麻痺側のリハビリにも好影響を与えることが分かってきた。

忙しくない方のためのどうでもよい点

・紹介したい人が3人いたから72分のスペシャルにしたと志の輔氏は言っていたが、実際は、紹介したいんだが45分の番組を組むだけの内容がキツいから、3人まとめて72分にしたというのが現実でしょう。
・夏秋氏の取材にわざわざ壇蜜を起用していますが、番組的に見るとその必然性は全くなし。これは番組のプロデューサー辺りが壇蜜を使いたかったか、夏秋氏が要望したかのどっちかでは。