教養ドキュメントファンクラブ

自称「教養番組評論家」、公称「謎のサラリーマン」の鷺がツッコミを混じえつつ教養番組の内容について解説。かつてのニフティでの伝説(?)のHPが10年の雌伏を経て新装開店。

このブログでの取り扱い番組のリストは以下です。

番組リスト

5/22 NHK 歴史探偵「首里城と琉球王国」

復元工事が進行中の首里城

 2019年、沖縄の首里城が火災で焼失するというショッキングな事件が発生したが、現在再建中で2年後の完成を目指しているという。そこで復元の状況紹介と共に琉球王国について紹介するとのこと。

首里城正殿(2012年撮影)

 まず首里城の復元であるが、以前の復元とは少し異なる姿になるという。現在、屋根の骨組みなどが出来上がっている状況だが、漆塗りのための下地塗りが始まっているという。そして朱塗りであるが、平成の時と異なる色になるという。それは沖縄の弁柄を使用するからだとか。これは古文書の記録に基づいたものだという。かつての商業用弁柄による鮮やかな色から、少し渋い色になるらしい。

 さらには玉座の部屋に飾られていた額であるが、以前は赤地だったものが、調査の結果黄色の物に変わるとのこと。なおこの黄色とは中国の皇帝を象徴するものであり、中国と冊封の関係を結んでいた琉球を象徴しているという。

 

 

中国と日本に両属した琉球だが、明治に強引に日本に併合される

 琉球が中国との関係を重視したのは交易を行うためであり、これが琉球を支えてきた。重要な交易品は漆器などだったという。中国との関係を重視することから、中国からの冊封使の接待はかなり力を入れたものであり、豪華な料理などでもてなした。さらには大規模な仕掛け花火なども接待に用いられたという。

 琉球が密接な関係を持っていたもう一つの国が日本であり、江戸に外交使節を送っており、その珍しさで日本では琉球ブームが起こっていたという。琉球がこのように日本に使節を送るようになったのは1609年に薩摩による武力侵攻を受けたことよるという。琉球は中国と日本の二国に仕える両属の関係で国を維持していた。

 しかしこれには問題があり、中国に冊封しているということは他の国に仕えるわけにはいかない。そこで琉球は日本のことを中国に隠蔽しており、中国の使節が来た時には日本のものは徹底的に隠していたという。日本人の墓などは埋めて隠していたとか。もっともそれでも実はある程度発覚していたが、中国の使節の方も事を荒立てることを避けて見て見ぬふりをしていた部分もあるという。

 しかしそのような綱渡りをしていた琉球だが、明治に滅んでいる。なお日本に来航したペリーはその前に沖縄を訪れているという。日本と条約を締結したペリーは、琉球にも条約締結を求めたという。しかしこの条約は琉球には負担の大きいものであり、琉球は何とかそれを避けようとして、中国の許可が必要であるとして主張したのだという。しかしアメリカ側は既に中国と不平等条約を締結していたことから、アメリカはそれを拒絶したという。そして琉球は結局アメリカに屈する

 それから20年、日本では明治新政府が成立、新政府は琉球併合目指す。琉球は中国を巻き込んでアメリカに王国存続の支援を求めるが、既に新政府と交渉済みのアメリカはそれに応じず、琉球は日本に併合されて琉球王国は滅亡する。

 

 

 以上、琉球王国に関する話・・・なんだが、まあ前半の首里城復元に関する件以外はあまり目新しい話はないな。まあその辺りがこの番組らしい。

 で、首里城の復元であるが、以前にプロジェクトXで赤瓦の復元に取り組んだ瓦職人の執念の物語があったのだが、その瓦職人も後継者を残さないままこの世を去っており、今回の復元に当たってはかつての赤瓦を再現できる職人は沖縄にはもういないということで問題になっていたのだが、その件はどうなったんだろうか? 結構これは深刻な問題のように思われるのだが。

tv.ksagi.work

 

 

忙しい方のための今回の要点

・2019年に火災で焼失した首里城が現在復元されているところだが、今回は古文書に従って沖縄産の弁柄を使用するのでやや渋い色調になるとのこと。
・また正殿にかけられる額も、かつての赤から古文書の解析の結果に基づいて中国を意味する黄色に変わる。
・琉球は交易のために中国に対して冊封の関係を結んであり、中国からの冊封使を丁重にもてなしてきた。
・しかし薩摩の侵略を受けたことから日本の支配下にも入ることになり、中国と日本の両方に仕える両属の関係となる。
・ただし日本との関係は中国には秘密であり、冊封使が来た時には日本の品々は徹底的に隠蔽した。ただし冊封使の方も薄々勘付いていてあえて事を荒立てなかった節があるという。
・幕末、日本にペリーが来航した時、ペリーは琉球にも条約を求める。琉球は中国との関係を盾にしてそれを拒絶しようとしたが、既に中国は欧米と不平等条約を締結していたために失敗する。
・明治新政府が誕生すると、新政府は琉球併合を目指す。琉球はアメリカに王国存続の支援を求めたが、既に新政府と交渉済みだったアメリカに拒絶され、琉球王国は滅亡することになる。


忙しくない方のためのどうでもよい点

・沖縄が日本に虐げられる歴史ってのがこれまた長いんですよね。日本では比較的人気のある薩摩なんて、沖縄にいけば鬼か悪魔かという扱いです。沖縄の歴史博物館を見学したら、まず登場するのが琉球三国志時代で、琉球成立後には薩摩による侵略、そして日本による強制的な併合、そして第二次大戦で最前線で捨て石にされるという辺りまでが主要な歴史になってますので。

次回の歴史探偵

tv.ksagi.work

前回の歴史探偵

tv.ksagi.work