教養ドキュメントファンクラブ

自称「教養番組評論家」、公称「謎のサラリーマン」の鷺がツッコミを混じえつつ教養番組の内容について解説。かつてのニフティでの伝説(?)のHPが10年の雌伏を経て新装開店。

このブログでの取り扱い番組のリストは以下です。

番組リスト

11/18 NHK ガッテン「ズキン!つらーい頭痛!痛みを引き起こす意外な原因発見SP」

患者数1000万人のあの病気の原因

 今回は推定患者数1000万人という病気について。まずその病気の原因となるのは化粧品売り場、マッチョな男性とのこと。何のこっちゃという相変わらずの意味不明な惹きである。

 ある論文で発表されているその病気の原因は1位はストレス、2位は?で、3位が感情の影響、4位はストレス中、5位は睡眠不足・過多だそうな。なお少数意見としてチョコレート、お酒、グレープフルーツ、ミックスナッツ、香水なんてのが入っている。で、散々引っ張ったこの病気は片頭痛

 原因が分かりやすい緊張型頭痛に対して、偏頭痛は原因が分かりにくい。先ほど伏せていた2位の原因だが、それは61%もの人が該当するのだが、それが光だという。患者の発言によると化粧品売り場の眩しい光などが切っ掛けになっているという。で、冒頭のマッチョな男性は何だと言ったら、ボディビルダーに付きものの眩しい照明に反応していたらしい。まあ何と回りくどい。

 

片頭痛患者が光に反応するメカニズム

 で、光に反応する原因だが「内因性光感受性網膜神経節細胞」という長ったらしいものが影響しているとのこと。やけに長ったらしい名前だが、よくよく見るとどういうものかはすぐ推測はつく。網膜の中にある細胞で、第3の目などと言われているものだという。これが何の働きをしているかを解明するためにある実験が行われている。それは20人の片頭痛持ちの被験者を集め、頭痛が発生したところで部屋の照明を暗くする場合とそのまま明るいままの場合で比較したというもの。すると明るい方が頭痛がひどくなった・・・とこれだと当たり前と思えるのだが、実はこの被験者は全員全盲の人だったという。つまりは視力とは別の光を感じるシステムがあると言うことである。このシステムは光刺激を脳に送って活動開始を告げるものだと言うが、それが過剰に働き過ぎることによって頭痛が起こる事例があるのだという。

 つまりは片頭痛の患者は光に対して過敏になっているのだという。実際に光を当ててみたところ、偏頭痛の患者は瞳孔が縮小しやすい上に、光を消しても回復しにくいという結果が出ている。だからこういう光に過敏になっている人については、サングラスを使うなどによって目を保護するのが効果があるという。で、番組に登場した患者さんもサングラスで対策して頭痛が減少して目出度し目出度しというオチである。なお頭痛の原因究明のために頭痛ダイアリーというものがあるので、それを付けて専門医に相談することを番組ではお勧めしている。

 

 さて私は殊更に偏頭痛持ちというわけではありませんが、それでもあからさまな寝不足の時に太陽などを見たらズキズキとしてきたという経験があります。私の場合は寝不足は頭痛の誘因となるようです。それと最近はNHKのニュースなどを見ていたら頭痛がすることが多いですが、これは全く別の原因がありそうです(笑)

 光の刺激が頭痛を招くというのは以前からよく聞いていますが、まさかそれがサングラスという一見安直な方法で効果があるとは想像しなかった。なお全盲の人でも光刺激は起こっていたということなので、内因性光感受性網膜神経節細胞は網膜に存在するにもかかわらず通常の視覚とは神経系が異なっているということなんだろうか?

 ところで最近のガッテンは今回のように内容の詳細をかなり引っ張る場合が多いんですが、大抵はタイトルでモロバレになっているんですよね。だからいつも演出がスベっているように感じて仕方ない。

 

忙しい方のための今回の要点

・片頭痛の原因は様々あるが、大半の患者の原因が光刺激だという。網膜にある内因性光感受性網膜神経節細胞という外部の光を感じて脳を活動開始させる器官が過剰な刺激を与えて頭痛になるのだという。
・片頭痛の患者は光に敏感になっているので、サングラスなどで光を緩和する対策が有効であるという。


忙しくない方のためのどうでもよい点

・片頭痛持ちはかなり苦しんでいる人が多いのですが、サングラスで対策が出来るのならお手軽で良いでしょう。なお殊更に片頭痛持ちではない私ですが、睡眠不足が続くと激しい頭痛で目を開けていられないことがあります。これなんてやっぱり光刺激を受けてたんでしょうね。
・ところで以前は偏頭痛ってよく書いていた気がするんですが、最近は片頭痛という字ばかり見かけますね。これって何か変わったのでしょうか?

前回のガッテン

tv.ksagi.work